カンジダ検査キットを自宅で使うにはどうしたらいい?申し込みから検査の流れについて

2020年04月02日

デリケートゾーンのかゆみが続くと日常生活にも悪い影響を与えてしまいますが、デリケートゾーンの炎症やかゆみは必ずしもカンジダが原因とは限りません。かゆみや炎症があるのでカンジダであるなど自己判断で医薬品を使っても改善が認められなかったり、場合によっては症状が悪化することもある医薬品にはそれぞれ特有の副作用があるので、カンジダ治療薬の副作用に悩まされるなど検査を受けることが治療の大前提です。

しかし、性器カンジダ症やカンジダ膣症などは外陰部や膣内などへの症状ですから、医療機関で検査を受けるのが恥ずかしいと感じてしまう人、仕事などの都合で医療機関に行く時間がない人などの多いといえましょう。自宅で調べることができる検査キットを使えば、デリケートゾーンのかゆみなどがカンジダによるものであるのか否かを確認できます。自宅でできる検査キットには大きく分けて2つの種類があります。一つは検査キットを購入して自分で検査を実施、検査は患部に試薬を付着させて検査を実施する会社に送付するやり方です。この方法は専門機関が検査を実施するので結果がわかるまでには数日を要しますので、初期症状のときに有効な方法といえましょう。

もう一つのやり方は個人輸入代行通販を使って検査キットを購入するやり方です。こちらの検査キットは試薬を患部に付着させてその場で結果を知ることができるメリットを持つものです。個人輸入代行通販でキット品を購入するときには、最初にサイト内でカンジダのキーワードで商品を検索、その中から自宅でできる検査キットを選ぶ方法です。試薬を患部に付着させることは検体を採取することであり、採取してから15~20分でカンジダ成分の有無を確認できます。ちなみに、個人輸入代行通販で購入できる検査キットは自宅でできるものであり、専門機関への送付が不要になりますのでその場で結果がわかるメリットを持ちます。商品にもよりますがキットはテスト3回分などになっているので、テストを失敗しても予備があるので安心です。

専門機関を利用する検査キットの場合は、1セットのみで失敗したときには採り直しキットを注文することで自宅で調べることができます。ただ、採り直しキットは有料になっているので失敗すると余計な出費になりますが、専門機関の検査キットはカンジダ以外にも複数の感染症の検査を可能にしますので、他の病気が原因になっているときなど便利です。