カーネステンクリームの副作用とは?皮膚の症状が出たら要注意!

2020年02月17日

カーネステンクリームは個人輸入代行通販で買うことができるカンジダの特効薬ですが、個人輸入代行通販は海外から医薬品を依頼者のために個人輸入を行っている業者です。病院の処方薬の場合は、処方を受ける際に掛かりつけ医や薬剤師から服薬指導を受けることができますが、個人輸入代行通販の場合は服薬指導はサイト内に掲載してある注意事項を読む必要があります。また、副作用が生じることもあるので自己責任の範疇で活用することが大切です。

カーネステンクリームを使って副作用が生じることもありますが、どのような副作用があるのかを把握しておけば気になる症状が起きたときでも安心に繋がります。ただ、カーネステンクリームは外用薬で、内服薬と比べると体全体への悪影響はすくないこと、報告されている副作用も少ないようです。主な副作用には、刺激痛や疼痛・熱感・発赤や紅斑・炎症・びらん・きゅうしんなどがあります。いずれかの気になる症状が起きたときには一旦使用を中止して、医療機関への受診をするようにしましょう。

疼痛はずきずきとうずくような痛みを意味するもので、塗布してから数時間後に疼痛が生じることもあります。発赤や紅斑は、皮膚が赤くなるのが特徴で、紅斑は毛細血管の拡張が原因で皮膚表面が赤くなる状態です。びらんは皮膚がただれてしまうことを意味しており、きゅうしんは一時的に生じる発疹です。すべて皮膚に何らかの症状が起きるので、カーネステンクリームを塗るときに患部の皮膚に異変が起きているときには塗布を中止して、医療機関の受診をすると良いでしょう。

カーネステンクリームは日本の中で承認されているエンベシドクリームと同一の医薬品ですが、カーネステンクリームは日本では未承認薬です。エンペシドクリームと同じ副作用が生じることがあるので注意を要しますが、未承認薬のカーネステンクリームは海外から個人輸入を行う通販サイトを通じて買い求めることができます。カンジダの特許売薬として古くから使われ続けている医薬品ですが、カンジダ以外にも水虫や癜風などの治療にも最適とされており、個人輸入代行通販を使うことでエンペシドクリームよりも安い価格で入手ができること、病院の処方の場合は医薬品代以外にも診察料がかかりますので、費用を節約するのであれば個人輸入代行通販がおすすめです。気になる症状が起きたときには使用を中止する、医療機関の受診を利用することで重大な副作用のリスクを抑えることもできます。