薬と水のグラス

カンジダは常在菌といわれていますが、常在菌とは誰もが持っている真菌(カビ)を意味するものです。しかし、体調不良をはじめ疲れなどで免疫力が低下しているときなど、カンジダは悪さをする常在菌でもあり、抗生物質を服用した後や妊娠中、糖尿病を患っている人など発症しやすいといいます。中でも高温多湿の夏場などは注意を要するため、通気性の良い下着を使うことで予防に繋げることができます。

性器カンジダと呼ぶ症状で悩みを抱えている女性も多いようですが、性器カンジダは真菌が原因で起こる感染症です。主な症状としては膣炎および外陰炎が同時に起きることが多く、ヨーグルトのような白いおりものが下着に付着する、外陰部が腫れたりかゆみが生じたりするのが外陰膣カンジダ症の特徴です。ちなみに、この感染症は女性だけでなく男性も起こることがあります。男性の場合は鬼頭部分にかゆみや赤い発疹、小さな水疱が生じたりただれてしまったり、皮膚がふやける、皮が白く剥がれるなどの症状が起きることがあるようです。性器にカンジダを保有していたとしても男性は自覚症状が少ないといわれており、包茎や糖尿病、ステロイド系の薬剤を使用しているとき、体力が消耗しやすい疾患を患っているときなど発症しやすくなります。主な症状は鬼頭周辺の炎症ですが、稀に尿道炎を引き起こすこともあるので早めの治療が大切です。

女性の場合は、外陰部のかゆみとおりものが典型的な症状で、こうした症状が起きているときには放置するのではなく治療を開始するようにしましょう。治療薬は、男性の場合であれば抗真菌剤の軟膏やクリームの塗布で行い、女性の場合であれば膣洗浄および膣内への薬剤投与、外陰部への抗真菌剤の軟膏やクリームの塗布、もしくは飲み薬を使います。市販薬を利用する方法もありますが、市販薬で症状が改善されない、悪化してしまったときなど医療機関を使って治療をはじめることが大切です。

性器カンジダは早く治すことが症状を悪化させない秘訣の一つ、医薬品を使って治療をはじめることで症状を抑える効果を期待できますが、早く治す秘訣の中には健康維持につとめることが挙げられます。健康維持につとめることは性器カンジダの発症を抑制する効果に繋がる部分、治療薬を使うと同時にストレスを溜めない工夫を行う、規則正しい生活習慣を身に付ける、免疫力が低下しないように自己管理や食生活を見直すことも大切な部分です。